不動産購入 - Buy » 購入中のリスク (1)融資・ローン関連

家の購入期間中に気をつけて欲しい防げるリスクです。ぜひ、前もって知っておいて欲しいと思います。 

家具ショッピング 
新しい家に新しい家に新しい家具、いいですね。ここでご注意! 
“支払いは来年の春までなし”などという広告文に釣られて家具購入をしてしまうと、あなたが受け取った承認融資額が下げられてしまう、もしくは家の融資自体がダメになってしまうケースも多くあります。必ず、前もって融資の方と確認をしてください。もちろん家具以外の大きな買い物は、契約が終了するまで待った方が得策です。

滞納
月々の支払いをタイムリーに! 
月々のいろいろな支払いは、絶対に遅れないようにしましょう。あなたのクレジットヒストリーに大きく影響します。家の購入前はもちろん、エスクロー期間内に、たった一つの支払いが遅れたために、ローン承認が取れずに家の購入契約のキャンセルなどといった事態もありえます。お気をつけ下さい。

秘密主義
聞かれた事のみ答えたい人、要注意です! 
最初のローン審査は、自己申告、収入証明、銀行書類とクレジットヒストリーなどを基に審査されます。ローン仮承認を受け、本格的な審査プロセスが始まり、融資額をエスクロー会社に送金する直前まで最終審査チェックが行われるため、最後まで何かが新しく判明する可能性があります。前もって相談して対処しておけば解決できる可能性があったケースでも、エスクロー中に判明した場合は指定期間内の融資が難しくなり、キャンセルを余儀なくされる場合もあります。

金利レート
金利レートの変動に要注意! この金利レートが上昇すると、借りる金額は同じでも月々の支払額が上昇します。月々の支払い額をキープしたい場合は、金利レートが上がった分だけ、購入価格を下げる必要が出てきます。ショートセールの方は特に気をつけないと、数ヶ月間掛かるショートセール承認を待っている間に、金利レートが上がってしまうと、融資の承認が無効になる可能性があります。