不動産購入 - Buy » 人気エリア・物件の選択

同じような条件の家でありながら、コンプレックスによって価格に差がついてしまうのは、なぜでしょうか?多くのバイヤー達は、いろいろな家を見た結果、気に入ったコンプレックスの中で家を見つけたいという結論にたどり着くようです。エリア、広さ、築年数が同じでも、バイヤーの目でそれぞれの物件を比べると、家そのものだけではなく近隣のイメージ、環境の違いが大きく影響されます。 

ロケーション – フリーウェイや主要道路や、パワーライン、高圧電線までの距離
公園は近い方が良、学校が近過ぎるのは朝晩の混雑につながるため敬遠される理由の一つです。ショッピングモール(グローサリーなど毎日の買い物)などビジネスエリアとの距離感も重要です。近いと利便性はありますが、安全面で敬遠される可能性もあります。

平均価格帯、家の平均サイズ、家の外観 
周りの家の平均価格帯より低いくらいがベター。高すぎる価格の家は、避けましょう。

フロアプラン、間取り
同じ面積でも間取りによって、使い勝手が違い、人気に差が出ます。   

パーキングスペース – ドライブウェー、ゲスト、道路上
各物件の駐車スペースが十分かどうか、ゲストが多くなる週末のパーキングスペースなどもチェックポイントです。  

メロールース税、ホームオーナー共同組合費    
月々の支払い、特別地域付加税と共同組合費、平均より高いとやはり敬遠されがちになりますので、注意しましょう。

広さ(隣の家との間隔、道路の幅)
隣家との間隔、道路の幅などは、建築基準ぎりぎりのものから、余裕のあるものまで、さまざまあります。家の中だけでなく、コンプレックス全体を必ず確認しましょう。

不動産購入は、大きな長期投資です。自分の条件に合うコンプレックス、エリアを見つけ、将来のより良い投資となるように、しっかりとマイホームを選んでください。